ホーム > 企業情報 > 事業紹介

事業紹介

お客様の信頼に応える確かな技術で
腕時計の生産を支えています

シチズン時計マニュファクチャリングは、腕時計の部品製造から完成時計までを一貫生産しています。
確かな技術で生み出された時計は、お客様が手にした後も、永くその時を刻み続けています。

事業領域

ムーブメント部品製造
ムーブメント組立

外装製造

完成時計組立

ムーブメント部品製造

世界一優良なる時計製造工場の実現をスローガンとしている弊社は、メードインジャパンのモノづくりにとことん拘りを持ち、シチズンの腕時計ムーブメントに使用されている全ての部品(電池など一部の購入品や一部の外注部品を除きます)を国内自社工場にて生産しています。
また、これらの部品加工のうち、金属プレス加工やプラスチック射出成形、金属粉末成形等に使用する金型・治工具も原則として社内生産に拘り、超精密な部品加工の基礎を支えています。
部品加工の種類は各種金属加工、プラスチック成形、回路基板、コイル部品など様々で、これらの一部は社製の機械を用いて生産しています。また部品加工に必要なメッキ、熱処理などの表面処理も超精密部品の最終仕上の加工として勿論自社対応を基本として生産しています。

ムーブメント組立

ムーブメントの組立では、手組立と自動組立が使い分けられています。部品点数が多く難易度の高い高級時計は、社内マイスターによる手組立。一方、量産型のムーブメントは、徹底的に効率化されたラインでの自動組立です。

時計用ムーブメントの自動組立ライン

外装製造

時計の顔としての美しさや立体感、そして光透過性を兼ね備えた文字板。文字板と融合し、美を奏でながら時を正確に指し示す針。シャープなエッジと鏡のようなミラー面をもつケース&ベゼル。キズつきにくく、いつまでも輝き続けるためのシチズンオリジナルの表面硬化処理(デュラテクト)。
また、「最高級腕時計にふさわしい高品質な加工」、「軽量で肌にやさしい素材の使用」、「華やかさを演出する仕上げ」を心掛けることでシチズン製腕時計の個性を作りあげています。その個性が、直接お客様の目に触れ、感性に届き、価値を感じて身につけていただいたときの笑顔を思い浮かべ、細部にまでこだわっています。
プレス、コイニング、熱間・冷間鍛造、切削、プラ成型、湿式メッキ、印刷、塗装、蒸着、乾式表面処理、洗浄、研磨、電鋳、アルマイトなどの多彩な技術と職人技によって個性とこだわりを具現化し続けています。

文字板製造

文字板の製造には、プラスチック・金属の生地、リング部品、植込み部品のブランク加工から、完成厚み300μm〜800μmの中に印刷や塗装、様々な装飾部品の装着や貼り合わせなどの手工芸的な仕上げ作業があります。各種加工技術を駆使し、繊細な職人技法によって多彩なデザインニーズに応えています。

精密印刷加工

当社の印刷加工はスクリーン方式とパッド方式の二つがあり、文字板とムーブメント部品である日板・曜日板の製造に使います。スクリーン印刷加工は、特殊な版を用いて100μm以下の細線・文字・パターンを印刷します。またパッド印刷加工は線幅30μmまで対応でき、ガラス・プラスチック・貝・石・金属・塗装面などあらゆる生地に印刷可能です。

表面処理(メッキ・蒸着・乾式メッキ)

“メッキ”による各種装飾(ロジウムメッキ、金メッキ、銀メッキ、黒色メッキ 等)が可能です。また“蒸着”は文字板の生地色のバリエーションを広げています。
また、ケースやバンドには、乾式メッキと呼ばれるイオンプレーティングやDLCといった装飾目的に加えて、表面硬化目的のコーティング処理も可能です。

時計用ケース製造

デザイン面でのコンセプトを実現するために、様々な加工技術を駆使し、高品質なケース製造を目指しています。鍛造プレス加工機、三次元データ使用の最新MC切削加工という先端技術に、最後は熟練職人の技を融合させています。

時計用針製造

針の製造は、自社開発による技術を駆使し、帯状材料での高速プレス加工・ダイヤモンドフィニッシュ研磨加工・サブ組立ラインにより高品質で豊富なデザインバリエーションに対応しています。

完成時計組立

シチズンブランドの高級品時計をはじめとして電波時計や機械式時計など、多彩な商品の組み立てを、防塵対策されたクリーンルームの中で技能者集団が品質の高さを追求するモノづくりに邁進。
特に南信州高級時計工房では、卓越した技能を保有する職人=マイスターが専用の作業机で一つひとつ丹念に心を込めながら組み立て、また、中級品腕時計はセル生産方式で自社開発した半自動装置を駆使しながら組み立てていきます。
お客様に一番近い腕時計製造の最終工程で、モノづくり技能集団の自負と誇りを持ちながら日々取り組んでいます。

完成品の組立

組み立てられたムーブメントは、次に側付けと呼ばれる組立工程で、文字板や針、ケースなどが組み付けられて、完成品の時計となります。この組立工程にはライン生産やセル生産、マイスターによる一人組立などがあります。

マイスター化 それは、
高付加価値をもたらす技能。

時計用部品加工からムーブメント・完成品組立、さらにはお客様ご愛用の腕時計のアフターサービスまで。一貫した体制の中、社内マイスター制度に認定された熟練技能士たちが、高精度かつ付加価値の高い技を発揮しています。

「現代の名工」による高級品腕時計組立

高級品腕時計の一人組立

「南信州高級時計工房」では、シチズンブランドの高級品腕時計のムーブメント組立から完成品組立・アフターサービスまでを手がけています。マイスター制度に認定された熟練技能士たちが、心を込めてお客様のために、極限の精度・精密性を追い続け、一つひとつを丹念に手作業で組み上げます。

企業情報