ホーム > ニュース > シチズン夕張 8年ぶりに新工場棟を建設

シチズン夕張 8年ぶりに新工場棟を建設

2016年10月5日
シチズン時計マニュファクチャリング株式会社
シチズン夕張株式会社

当社のグループ会社であるシチズン夕張株式会社(本社:北海道夕張市 社長:三輪 克弘 以下「シチズン夕張」)は、かねてより建設を進めていた新工場棟を9月末に完成しました。10月上旬から順次生産機械の稼動を開始します。

シチズン夕張は、1984年に設立し、時計内部の主要部品である歯車など輪列部品の生産拠点として、シチズン時計グループの重要な役割を担っています。工場棟建設は8年ぶり、今回で5棟目となります。

新工場棟建設により、これまで手狭であった製造部品の洗浄・メッキ作業スペースを従来比で3倍に拡大し、作業効率と安全性、今後の受注増加に対応できる体制を整えました。

そして、工場全体の工程配置を見直し、これまで外部に委託していた部品の製造工程を内製化することで、手番が短縮され効率的な一貫生産を実現しました。これに伴い、工場全体の生産能力が拡大し、約7名の雇用増加を計画しています。また、製造工程で使用した水の排水処理設備を更新することで、環境対策を強化しました。

今回の新工場棟建設から、これまで培ってきた技術やノウハウを活かして、一層の品質・生産性向上に努めてまいります。

■新工場棟 概要

 所 在 地:北海道夕張市南清水沢4丁目107番地6
 事業内容:腕時計部品の製造
 延床面積:702u
 投資金額:約4億円
 建屋構造:鉄筋コンクリート平屋
 完  成:9月30日
 稼動開始:10月上旬