ホーム > ニュース > 第7回ものづくり日本大賞 受賞

第7回ものづくり日本大賞 受賞

2018年1月22日
シチズン時計マニュファクチャリング株式会社

第7回ものづくり日本大賞を当社飯田工場の荒井寛子が受賞しました。本大賞は厚生労働省、文部科学省、経済産業省および国土交通省が24件71名の受賞者を決定し、2018年1月15日に発表されました。1月22日には内閣総理大臣官邸で表彰式が行われました。
※荒井寛子は、40年間、時計のムーブメント組立から完成品組立に従事し、厚生労働大臣が毎年1回、卓越した技能者を表彰する厚生労働大臣表彰「現代の名工」を平成28年度に受賞しています。

受賞者情報

◆受賞者  荒井 寛子(あらい ひろこ)
◆所属   飯田殿岡工場
◆職種   機械時計組立・調節工
      電気時計組立・調節工

受賞理由

荒井寛子は腕時計の組み立てに永年従事し、高級機械式時計を代表に、高級時計の高精度・高性能を実現する内装(ムーブメント)組立から外装の組立の全てを行うことができる技能を有し、また、社内での後進指導、信州・匠の時計修理資格の講師、子供の時計組立体験指導などを通じ、時計組立の技能継承・発展に大きく寄与している点が評価され受賞にいたりました。

時計組立作業風景

地域貢献活動風景

詳細は下記よりご覧いただけます。

関連リンク
シチズン時計株式会社別ウィンドウでリンクを開きます。