ホーム > 採用情報 > 先輩社員の活躍 > 増田 由佳

採用情報

増田 由佳(ますだ ゆか)

職種:一般管理
所属:経営管理部
入社:2012年
出身:文学部 文学科

志望動機

選考過程で会った方々の雰囲気がよかった

この会社を知ったきっかけは、学校の求人票でした。募集は経理職。私は当時、漠然と経理や経営が学べる仕事がしたいと思っていたので、まずは会社説明会に参加しました。
説明会で話を聞き、信頼あるメーカーの部品製造を担っている会社ということに興味を引かれました。事務職はどの会社も似たような業務内容かとは思いますが、せっかくなら一流の技術を支える人たちと仕事がしたいと思い、この会社を志望するようになりました。
最終的な決め手となったのは、選考過程で出会った方々の雰囲気が良かったことです。面接の際もじっくりと話を聞いて頂けて、他の企業とは違った印象を受けました。

仕事内容

私は現在経営管理部に所属しており、そこでは秘書業務や広報業務などを行なっています。秘書業務はまだ始めて数か月程度ですが、スケジュールを管理する難しさを実感しています。上司や先輩社員を見習いながら、細かな点まで気を配れるよう、試行錯誤しながら日々取り組んでいます。また、シチズングループが創業100周年を迎えるにあたり、記念活動を企画するプロジェクトチームにも当社担当として参加しています。以前所属していた部署で社内の交流活動企画を行なっていたことはありましたが、シチズングループ全体となると規模も大きく異なり、頭を悩ませることも多いです。チームでは自分の意見も反映されやすく、やりがいを感じながら取り組んでいます。

キャリアプラン(目指す姿)

社内の人に対しても常にホスピタリティの精神を持ち、積極的に関わってきたい

具体的なキャリアプランはまだ描けていませんが、ちょっとした仕事でもしっかりと責任を持って取り組めるようになりたいと思っています。
以前、ある先輩から「間接部門はお金を生み出さないのだから、人から仕事を頼まれた際はできる限り応えるべきだ」と言われたことがあります。何でもかんでも引き受ければいいということではないと思いますが、「自分の仕事はここまで」と線引きせず、社内の人に対しても常にホスピタリティの精神を持ち、積極的に関わっていけるような社員になりたいです。

学生の方へのメッセージ

どんな考えを持ち、それをどう伝えるかが一番大切

就職活動では、緊張のあまり基本的なことが抜けてしまいがちです。面接の際は相手の目を見て話すこと、わかりやすくはっきりと声に出すこと、この2点を私は特に気を付けていました。必ずしも目覚ましい成果を語れることばかりが大事だとは思いません。どんな考えを持ち、それをどうやって伝えられるかが一番大切だと思います。
就職活動は大変なことも多いですが、色々な企業を見られるのはこの時期だけです。是非たくさんの会社に足を運び、自分に合った会社を探してみて下さい。

採用情報