ホーム > 採用情報 > 先輩社員の活躍 > 佐藤 瑛菜

採用情報

佐藤 瑛菜(さとう あきな)

職種:検査・分析
所属:完成品生産統括部 外装部 表面処理課
入社:2008年
出身:工学部 応用化学科

志望動機

表面処理に今後の可能性を感じた

学生時代は時計に興味はなかったのですが、卒業研究で溶融亜鉛メッキ関係に取り組んでいたので、機能だけでなく、装飾の要素も含んだ弊社の表面処理に興味を持つようになりました。弊社では時計部品以外にも、建材やゴルフ、医療部品、装飾品などの様々な分野で活躍しているのを知り、今後の可能性を感じました。自分が好きな色の製品が作れたら面白そうだな、と思いました。また、地元岩手に就職したいという強い思いもあり、当時Made in 東北を掲げていた会社(当時のシチズン東北)を志望しました。

仕事内容

・作業標準書の作成、改訂
 生産工程の作業内容と手順を文書化し管理します。

・出荷検査
表面処理後の製品の外観検査。品質状態によっては生産現場にフィードバックする事もあります。

・依頼品の分析
 不具合品などの成分分析や測定など。

・成膜
非時計の品物に成膜(品物の治具取付、成膜装置の操作、品物の治具外し) 等

キャリアプラン(目指す姿)

様々な経験を積み、品質を見れる社員

業務内容に検査が追加されてから産休&育休と続き、周囲よりも実務経験はまだまだ少ないので、品質を見る目がまだ養われていません。客先とのやり取りも未経験です。検査には、受入検査・洗浄検査・出荷検査の3つがありますが、洗浄検査の実務経験はゼロです。自分で判断し、行動できるようにすべての検査で経験を積んで品質を見れる社員を目指します。
また、作業内容を覚えるだけでなく、なぜその作業が必要なのかも考え、効率のいい仕事をしていきたいと思います。分析では原理・原則を学び、品質トラブルに対応できるような分析ができるように頑張ります。

学生の方へのメッセージ

ネット情報ではなく、足を運び自分の目で確かめることも大切

何か知ろうとするときに、話を聞くだけではわかりません。現物を見て触れて何度も体感することでようやく自分のものになると思います。会社に入り3現主義という言葉を知りました。「現場に行く。現物を見る。現実対策をとる。」品質関係の仕事をするようになり、大事なことだと実感しています。 就職活動をするうえで会社見学などもあると思いますが、ネットだけの情報ではなく足を運び自分の目で確かめることも大切です。異なる業種でも、営業や技術系、事務系があったりしますので、求人にある業務内容だけで志望する会社を限定しない方がいいです。
他の部署に異動する可能性はゼロではありません。「どんな仕事をしたいか」の他に「どんな仕事に携わりたいか」も考えてもいいと思います。就活頑張ってください。

採用情報