ホーム > 採用情報 > 先輩社員の活躍 > 鈴木 聡

採用情報

鈴木 聡(すずき さとし)

職種:生産技術
所属:MV生産統括部 回路製造部 回路技術課
入社:2004年
出身:電子工学科

志望動機

社会のニーズを先取りした製品を提供する会社の一員として活躍したい

学生時代にオーディオステレオアンプを製作する機会があり、その時に体験した回路製作、機械加工を通してモノづくりの楽しさや奥深さを学びました。その経験がきっかけとなり製品を作る過程に興味を持ち、試作から量産出荷するまでの工程を担う、生産技術の仕事に就きたいと考える様になりました。医用生体工学という分野で研究していたこともあり人の為になるモノづくりを実現している企業を探していたところ、「市民に愛され市民に貢献する」というシチズンの企業理念に共感し、時計に限らず幅広い分野で社会のニーズを先取りした製品を提供している会社の一員として活躍したいと思い志望しました。

仕事内容

私が所属している回路技術課はクオーツ時計の心臓部である回路ブロックの生産を統括しています。回路ブロックは基板上に実装されたICや水晶振動子や受動部品等で構成されていますが、製造においては電子回路分野だけではなく様々な分野の知識が必要となります。その中で私は新製品開発支援と検査装置の設計・導入を担当しています。
生産技術者として非常に広範な業務への関わりが求められており開発部門、製造部門の方々を巻き込んで一緒に仕事をすることになります。知識や技能はもちろん、開発部門と現場のパイプ役としてコミュニケーション力やマネジメント力が要求されるため、壁にぶつかることも多いですが仕事にとてもやりがいを感じています。

キャリアプラン(目指す姿)

自らが中心となり、設計情報を新しい発想で製造工程に反映する

高機能、高付加価値の製品が開発されている一方、製造現場では高難易度製品の生産体制を短期間で確立することが求められています。
また製品の高機能化に伴い検査技術の向上も必要です。その中で生産技術者が中心となって製品の競争力(QCD)を向上させることが重要だと考えています。
世間の動向を注視し、新しい技術や知識を身につけて設計情報を新しい考え方で製造工程に反映させるための方法を提案できる中心人物になりたいです。

学生の方へのメッセージ

自分の可能性を追求したい方には最適環境

当社は目標があれば若手でも様々なことにチャレンジさせてもらえるところが大きな魅力です。
社員のスキルアップに力を入れており仕事をしながら自分の技能や知識を高めることができます。
業務に必要があれば外部の研修に参加させてくれますし、資格取得の支援もしてくれます。
自分の可能性をとことん突き詰めたい方には最適な環境だと思います。

採用情報