ホーム > 採用情報 > 先輩社員の活躍 > 裄V 菜摘

採用情報

裄V 菜摘(やなぎさわ なつみ)

職種:生産管理
所属:MV生産統括部 生産管理部 ミヨタ生産管理課
入社:2012年
出身:文学部 日本語日本文学科

志望動機

入社の決め手は社員の魅力

就職活動を開始した時に自分の中で譲れなかった条件が2つあって、1つは地元に貢献できる企業であること。もう1つは、何かしら服飾に関係した企業であることでした。洋服が好きだったので、何かしらそれに関係のあるものを製造・販売している企業で働きたいと思い、地元長野に複数あるシチズングループ企業の中でこの会社を選びました。製造主体の会社にも関わらず、「時計はファッションの一部だろう!」という半ば強引な結びつけで会社説明会に臨んだことを今でも覚えています。しかし、面接官や人事の方とお話しをする中できちんと自分を出せたと感じたのがシチズンでした。最終的に入社の決め手となったのは、そこで働く人に魅力を感じたからです。

仕事内容

生産管理課に所属しており、その中でも製品原価の決定や工場の利益計画策定・損益分析などを主な業務としています。また、実際に生産に携わる現場の方に対して、会社を運営する上で切り離すことの出来ない「コスト」や「利益」のことをより分かりやすく伝えるという役目も担っています。製造原価を統制する上で必要になる知識は、原価管理に関することのみに留まらず、製造・技術・生産管理・経理面など多岐に渡ります。まだまだ勉強しなくてはいけないことだらけですが、日々同じ生産管理課のメンバーや他部署・他工場の方々にも助けて頂きながら仕事をしています。

キャリアプラン(目指す姿)

意志を持って常により良い方法を選んでいける人

企業が利益を生み出すために必要な意思決定の場面において、価値ある情報を送り出せる人になりたいです。原価管理の役割はただ単に製造原価を決めて終わりという訳ではなく、「利益を生み出すためにとるべきアクションは何か」という問いに対して、道標となるような情報を出していかなくてはなりません。まだまだ力不足なところばかりですが、目標をきちんと見定め、現状の問題点を解決するためはどうすべきか、意志を持って常により良い方法を選んで行ける人になりたいです。

学生の方へのメッセージ

視野を広く持って就職活動に臨んでほしい

自分の好きなことと、自分に向いていることが必ずしも対になるとは限りません。私自身、今は毎日数字と睨めっこの日々を送っていますが、学生時代に一番苦手な教科は数学でした。大学も国文学科出身なので、根っからの文系気質の自分が常に利益やコストのことを考える仕事をしているというのは何とも不思議な感覚です。学生の方々はこれから就職活動をしていく上で、今まで知らなかった企業や職種に出会う機会がたくさんあると思います。この機会を活かし、視野を広くもって就職活動に臨んで頂ければと思います。

採用情報