ホーム > 採用情報 > 工場紹介

採用情報

工場紹介

埼玉工場

埼玉工場では、部品生産工程として、機械式時計から最新の電波時計まで、シチズンの様々な時計に組み込まれるムーブメント部品を製造しています。

機械式時計部品生産

クォーツ式時計部品生産

精密プレス加工

時計部品で培われた小型・高精度を実現するプレス加工では、熱処理、表面処理まで一貫生産で多くの精密部品を生産しています。

プリント基板製造

小型で複雑な形状を持つ腕時計用プリント基板製造は、精密多層基板、キャビティ基板技術で時計の薄型化にも貢献しています。
製造工程でのエネルギーの消費削減、水、薬液などの排出物のリサイクル化など、地球環境に十分配慮した生産を心がけています。

東北工場

東北工場では、部品生産工程として、時計の外装部品やクォーツ式時計のムーブメント部品の製造、その他時計製造で培った技術・技能を応用して電気特性検査用コンタクトプローブやスポーツ用品など非時計分野においても活躍しています。

外装部品生産

針生産

自社開発による技術を駆使し、高品質・豊富なデザインバリエーションで国内から海外まで幅広く提供しています。

ケース生産

シチズンのブランドコンセプト「技術と美の融合」の具現化をコンセプトに高品質なケースの生産を目指しています。連続プレス加工機、三次元データ使用の最新MC切削加工という先端技術に、最後は熟練した職人の技を融合させました。

生産設計/製造開発

シチズン本社と連携して、新製品開発や生産設計展開・製造技術開発を技術本部が主体となって高付加価値創造を展開しています。

電波時計用アンテナコイル生産

高感度・高信頼電波時計用アンテナ  コイルの生産ラインは、コイル巻芯生産〜極細線コイル巻き〜高感度用部材取付け〜完成検査を一貫生産しています。

ムーブメント部品生産/非時計事業

エボーシュ生産

時計のムーブメントのベースになる地板・受の生産は、プレス加工から切削加工、帯材洗浄、メッキなどの表面処理まで一貫生産しており、世界最大・最高レベルです。

表面処理加工

IP膜は窒化チタン膜で高硬度・耐食性に優れ、様々な発色が可能です。
また、高硬度炭素皮膜(DLC)は独特の製法により高耐食性・耐薬品性・低摩擦性に優れ時計外装からスポーツ用品まで多岐にわたって活用されています。

金属部品生産

高精度金型を利用して、プレス加工、熱処理、メッキを一貫で行っています。

高精度金型設計・生産

高精度プレス加工用の高精度金型を開発、設計、パーツ生産、金型仕上げまで一貫して生産しています。

社内保育室 『バッケ』

仕事と生活を両立させながら、働きやすい環境をつくるための取り組みの一環として、工場内に保育室『バッケ』を設立し運営しています。
これはお父さん、お母さんが子供たちの傍らで安心して働き、その姿を見た子供たちが将来ものづくりをめざし、未来のシチズンを担う人材として育ってくれればという想いから開設しました。

飯田工場

飯田工場では、組立工程として、社内マイスターによる手組立と最先端の省力化技術を駆使した自動組立と使い分けた多彩な高級品腕時計の生産や生産装置の開発設計と主として行っています。

ムーブメント・完成品時計生産

南信州高級時計工房では、シチズンブランドの高級品腕時計のムーブメント組立から側付け・アフターサービスまで手掛けています。マイスター制度に認定された熟練技能士により、極限の精度・精密性を追い続け、一つひとつを丹念に手作業で組み上げます。

ムーブメント組立

部品点数が多く難易度の高い高級時計は、社内マイスターによる手組立。 量産型のムーブメントは、小型化・省力化を図り、多品種少量にも対応した効率的な生産体制が構築されたラインでの自動組立です。

完成時計組立

組み立てられたムーブメントは、側付けと呼ばれる組立工程で、文字板や針、ケースなどが組み付けられて完成品時計となります。この組立工程にはライン生産やセル生産、マイスターによる一人組立などがあります。

金型・部品加工/生産装置の開発設計

金型・部品加工

部品のさらなる小型化に取り組むとともに、自動版切削加工、樹脂成形加工、プレス加工などの設備や金型の小型化も推進しています。樹脂成形金型とプレス金型においては、開発・設計から製品化までを一貫生産で対応しています。

生産装置の開発設計

長年に亘り蓄積された技能を技術化し、治具化・機械化・装置化のステップを追いながら、環境配慮型の装置を社内にて開発設計しています。より小さく複雑な加工部品を供給することが出来る『マイクロタンデムプレス装置』、多品種少量にも対応することが出来るカム式の『マイクロ切削自動盤』、完成品組立における針付け作業のための『針高さ検査機』など、現場ノウハウを駆使し、マイクロ化をキーワードに多くの装置の内製化を図っています。

ミヨタ工場

ミヨタ工場では、組立工程としてムーブメントや完成回路基板、コイルのほか、CITIZENブランド、Q&Qブランドの腕時計を生産しています。

ムーブメント生産

各工場で作られた部品を集結し、多機能型の各種ムーブメントを生産しています。蓄積した技術の集大成と言える高速自動ラインにより、世界最多の生産体制を確立。卓越した生産性と品質により、MIYOTAブランドとして全世界に広く供給されています。

回路生産

回路とは、水晶振動子の基準周波数である32,768Hzを1Hzに分周して1秒の信号を作り出す部品です。当社は、シチズン時計の主力製品の各種完成回路基盤を製造しており、ICや水晶振動子の装着、各種モニター検査まで一貫生産しています。

コイル生産

コイルは電磁石であり、ICで作られた1秒ごとの信号から機械的な駆動力に変換する部品です。ムーブメントに装着される高性能ステップモータ用部品として、芯固定の銅線巻込みシステム、速乾式コーティングなどを導入した独自の高速自動組立ラインにより、生産されています。

完成品時計生産

各工場で製造されたムーブメント、文字板、針、ケースなど多岐にわたる部品を組立て、腕時計を完成。さらにバンド付け、最終工程をへて美と技術が結集されたCITIZENブランド、Q&Q ブランドの完成腕時計として出荷されます。

河口湖工場

河口湖工場では、部品生産工程として、金属切削、金属塑性加工、精密印刷加工等の多岐に亘る技術・技能を強みにムーブメント部品、文字板製造を行っています。

切削加工

長年の時計部品加工で培われた精密切削加工では、カム制御・NC制御などの各種自動旋盤を駆使した細物加工や、歯車加工を得意としています。また、ブランク加工から熱処理、表面処理、サブアッシまでの一貫生産が可能です。

印刷加工

精密印刷加工はスクリーン方式とパッド方式を用いて文字板とムーブメント部品である日板・曜日板を生産しています。
スクリーン方式は、特別な版を用いて細線・文字・パターンを印刷します。パッド方式は、ガラス・プラスチック・貝・石・金属・塗装面など、あらゆる生地に印刷が可能です。

プレス加工

プレス加工は主に抜き・曲げ・絞り・コイニングなどの加工により、安定した寸法精度の大量生産を実現しています。充実した設備と柔軟な技術力により、少量・多量いずれの生産にも対応可能で、さらに工程設計・金型製作からメッキ、熱処理まで一貫生産しています。

文字板製造

文字板の製造には、プラスチック・金属の生地、リング部品、植込み部品のブランク加工から、完成厚みの中に印刷や塗装、様々な装飾部品の装着や貼り合わせなどの手工芸的な仕上げ作業があります。近年は光発電式腕時計が普及し、文字板下面にあるソーラーパネルへの光透過性とファッション性の両立によるデザインバリエーションの拡大に注力しています。

ヒゲゼインマイ生産

プレス、切削などの複合技術を駆使し、高品質なウォッチパーツの量産を可能にした自社製加工機を金型や高度自動化された生産ラインを用いて製造しています。

採用情報