ホーム > 企業情報 > 社長メッセージ

社長メッセージ

社員と共に、世界一優良なる時計製造工場の実現を目指します。
― 夢へ一歩 前進、Citizen One-Factory! ―

私たちシチズン時計マニュファクチャリング株式会社は、2013年10月に半世紀以上にわたり、シチズンの時計事業の発展の歴史を刻んできた国内製造主要5社 (シチズン平和時計・シチズン東北・シチズンマイクロ・シチズン時計ミヨタ・シチズン時計河口湖)と、シチズン時計本体の製造関連部門とを経営統合し、新しい時計製造会社としてスタートし、今日まで着実なる前進をしてきました。

さらに、2019年4月には国内グループ5社(シチズン時計鹿児島、シチズン夕張、シチズン時計妙高、北上宝飾、合川精密)を統合し、より一層の合理化と製造の強化にまい進してまいります。

そして、海外におきましては2017年4月1日よりタイの工場2社(ROYAL TIME CITI CO.,LTD.・CITIZEN WATCH MANUFACTURING (THAILAND) CO.,LTD.)と中国の工場1社(SUNCITI PVD (JIANGMEN) LTD.)を加えて、Citizen One-Factoryを掲げ国内外の製造の一体運営をしております。まさしく、世界の工場が一体となり、スローガンである「世界一優良なる時計製造工場の実現!」に向けて名実共に歩んでいます。

 「社員とともに夢を実現する『真のいい会社』を目指します!」の経営理念のもと、全社員が「品質第一主義」を貫き、時計製造のプロ集団となって、いきいきと働く風土の醸成を進めていきます。

そのために、国内では、モノづくりの基礎的条件ともいえる品質管理を勉強し、それを実践に活かします。全社員3,000人が果敢にQC検定資格取得にチャレンジをしており、すでに約90%の社員が資格取得を果たし、まもなく全社員のQC検定資格保有が実現します。この活動を海外の工場でも推進させており、品質第一主義に相応しい工場へと飛躍をしてまいります。

さらに「全社員時計製造のプロ集団化へ」の取り組みでは、技能五輪で多くのメダリストを輩出しています。また、国家技能検定・ビジネスキャリア検定取得などスキルアップにも力を入れており社員総参加型の会社を志向し、いきいきと働く風土作りも、より確かなものへと進化させていきます。

シチズン時計マニュファクチャリング株式会社
代表取締役社長
白井 伸司

企業情報